« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013/04/06

Arduinoで動く工作をして遊んでます

友達がArduinoで楽しんでるのを見かけることが2011年頃から多くなって、自分も手を出したのが2012年の2月。それから1年と少し、ご多分に漏れずLチカで懐かしい気分を味わうところにはじまって、各種センサの味見をしたりしてきました。
私の中では、ラジオ・オーディオから無線・デジタル通信とハードをガリガリいじって来た系譜と、PCで「高級な」言語でプログラムして来た&アプリを使うだけだった系譜とが分かれていて、その間をつなぐマイコン・組込系は未知だったので、とっても新鮮で楽しんでます。

子どもの小学校の工作教材をArduinoで制御してみた上で、やっぱり色々するには土台から作ろうと思い立ち、タミヤさんの「楽しい工作シリーズ」に目を付けて、こんなのを作りました。
Tank

ベースにしたのはタンク工作基本セットで、左右転回するためにギアをダブルギアボックスに交換。シャーシは、モーターやシャフト類の付く台車と制御系とを2階建てにしようと思って ユニバーサルプレート(2枚セット)を採用。
ギアボックスの箱を空けると、ランナーに数種類のギアやボックスがついたバラバラの状態で、実は半組立状態を想像していたので、思わず興奮してしまいました。

Arduinoはインチ系でユニバーサルプレートは5mmピッチなので、そのままではまっすぐ付かないとかありますけれど… それはそれとして(^^;

制御系の方は、メインが基本のArduino UNOで、モーターの駆動はモーターシールドを使いました。制御状態のモニターにLCDシールドを付けて、障害物の検知にシャープの赤外線距離センサ(PSD)を使う、という構成になりました。
(制御系のリンク先はスイッチサイエンスさんです。アフィではありません。)

うまく見えるかどうか分かりませんが、一応ムービーファイルも置いておきます。
tank5.m4v

また、スケッチも置いておきます。拡張子はArduino標準のinoになってますが、中身は単なるテキストファイルです。
Tank_test05_SenseAndTurn.ino

さて、次は何しようかな!

パドラッパ from MacBook Air 11inch (Mid 2011)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »