« 滋賀県立近代美術館 | トップページ | 夕闇に溶けかけの富士山 »

2009/03/10

とり釜めしと富士山

とり釜めしと富士山
とり釜めしと富士山
ひかりで出張の際、浜松・静岡・三島あたりでのぞみ待ちの停車時間に駅弁が買えるメリットを享受しています(^^)売店が開くのは11時頃のようで、大体11時半を狙うと各種揃っているみたいです。
もっとも、数分の停車時間で駅弁調達には若干のリスクもあります。今日は浜松駅でお釣りの計算ミスがありました。後に人が並んでなくて良かった(^^;出張前には小銭の準備…妙なノウハウが蓄積されてきました(^^;

とりのそぼろが美味しそうで、久々の釜飯にしました。陶器だったらもったいないなぁと思いましたが、プラで良かった(^^)上に乗っている唐揚げが甘酢掛けだったのは嬉しい誤算(^^)v
ごちそうさまでした!

名古屋からずっと、晴れているものの雲が多くて富士山が見えるか心配でしたが、新富士手前で頭を拝むことができました(^^)v
この後、三島や小田原からは全く見えず、ピンポイントでラッキーでした(^^)

パドラッパ from W54SA

|

« 滋賀県立近代美術館 | トップページ | 夕闇に溶けかけの富士山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60475/44301416

この記事へのトラックバック一覧です: とり釜めしと富士山:

« 滋賀県立近代美術館 | トップページ | 夕闇に溶けかけの富士山 »