2012/06/06

おこわ米八の鶏黒酢あん弁当

久々の東京出張は金星の太陽面通過日でした。
太陽観測フィルムは持ったものの、荷物を軽量化するためにデジカメを置いて出たところ…
私の矯正視力では金星がほとんど識別できませんでした(泣)
後悔先に立たずを地でいってしまった次第で、今年の天文現象当たり年の結果は
・金環日蝕:○撮影できた
・部分月蝕:×厚い雲
・金星通過:△見えたというと嘘かも
でした。

東京の仕事はサクッと終わってとんぼ返り。
今日の夕ご飯は、東京駅大丸地下食料品売り場のおこわ屋さんのお弁当です。
1338974123421.jpg
鶏とかぼちゃとレンコンを揚げたのを甘酢掛け。美味しい(^^)
海老ほか3色のおこわも付け合わせも、美味しかったです。
ごちそうさまでした!

パドラッパ from IS05



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/09

沼津魚がし鮨の特選10貫握り

今日は横浜に出張でした。新横浜での乗り降りは去年の3月12日以来。あの日は厚木の避難所を出てから私鉄地下鉄乗り継いで辿り着いたのでした。新幹線切符売り場の大行列を横目にEX-ICのメリットを最大限に感じた日でもありました。

仕事は社内会議で、最近はPC会議が多くなっているところ、顔合わせで模造紙使ったアナログなのを久しぶりにしました。会議のやり方で、使ってる脳の位置が少しずつ違うような気がして、なかなか面白かったです。

さて、今日の晩御飯は新横浜駅で露店を出してた沼津魚がし鮨さんの特選10貫握りです。
軍艦の蟹・雲丹・ツナ・しらす・小海老桜海老に、
握りの海老・烏賊・玉子・鰻・穴子。
さらに自然な色のガリまで、とっても美味しかったです。
ごちそうさまでした!
1344508828453.jpg
(今回写真はLUMIX FX90での撮影です。)

まだ浜松。このさき眠くなる可能性大ですが、新大阪行きを選んだので、リスクは少ないかな。
斜め前の人を見習って、ウォークマンで動画を観るのも一興かも…

パドラッパ from IS05



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/13

Xperia SXに乗り換えました

iPhone4から典型的なガラスマ(ガラパゴススマートフォン)のau IS05 に去年の春に乗り換えて、自分にはiOSよりAndroidの方が合ってるな~っと幸せに過ごしてきたのですが、だんだんメモリ不足に悩まされるようになっていました。
しかし(前にも書きましたが)その後のスマフォで小型化を狙うものが出ず、困っていたところでした。

そこに現れたのが、エリクソン完全吸収後のソニエリ完全子会社化後のソニーモバイルのXperia SX、開発コードKomachiだったのです。
SONYさん、docomoさん、ありがとうございます!
20120813180535.JPG

幅54mmで95gの小型軽量ボディに、兄貴分のXperia GXとほぼ同じハイスペックのプラットフォーム、さらにワンセグ・FM・5GHz Wi-Fi・おサイフが入ってるという文句なしの仕様です。
唯一心配なのが電池持ち。店で受け取ったとき、そこはLTE 圏外だったこともあるのか、かなり熱くなっていました…
で、持ち帰って真っ先にしたのが、裏コマンドによるWCDMA 固定化。これでもヘビーに使うと1日保たないことは、2日目にして明確です。運用を考えないといけません。
あと、ダメ元でサンディスクのmicroSDXC 64GBをFAT32 フォーマットして入れてみると、今のところ問題なく動いています。32GBのiPhoneで一つに収まらず困っていたのが、Walkman アプリで統合できました。

ぼちぼち使いこんでいこうと思います。

パドラッパ from Xperia SX SO-05D



| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012/12/01

Kindle Paperwhite 3G (追記あり)

2年前からSony Readerを2台使い継いで読書してきました。
電子ペーパーはとっても読みやすく、ハード的には気に入っていたのですが、Reader Storeの使い勝手がどうにも悪くて困っていました。
例えば…は、もういいとして(^^;

ついにKindle日本上陸です。 お値段も手頃ですし、ダメ元で即予約買いしました。
Sony PRS-G1で3G付きのメリットを感じていたので、迷わずPaperwhite 3G。
Kindle Paperwhiteにはスマフォアプリと読んでいる位置を同期する機能があるのですが(Whispersyncという)、3Gだと出先でもピタッと合わせてくれることに買ってから気づきました。
Paperwhiteがあると、ほぼスマフォでは読まないとは云うものの、通勤中にカバンから出しにくい時などは自動同期で助かります。
PRS-G1は本を買うためだけの3Gだったので、Kindleは進んでるなぁと感じたところです。
ソニーさんにも負けずに頑張って欲しいところ。

また、フロントライトも良い感じです。 ふだんは全く必要ない機能ですが、仕事帰りのバス停や夜中に続きが気になる時など、眩しくなく労せず読めるのが嬉しいです。

ストアの方は、品揃えがまだイマイチですが、本を探す・買う・ダウンロードする・読む、といった動線が見事に整備されています。
Reader Storeで感じていたストレスは、まったく微塵も感じません。
ただ、Reader Storeは新着情報を取りやすかったのに、Amazonでは無いのが少し不満です。

Paperwhiteの弱点その1は、ページ送りハードキーが無いので、画面をタッチしないといけないことです。
弱点その2は、本体重量約220g位あり、Sony Readerより約50g重いことです。
これ、満員電車で通勤するニッポンのサラリーマンには辛い。つまり右手は吊革・左手のみで保持、というシチュエーションで、親指を画面の上に浮かせ、親指の付け根と他4本指で本体を保持する必要があります。30分もやってると手がつりそうになります。

そこで、軽いカバーを作ってみました。 結構いい感じになったので、ご紹介します。
材料は、Amazonで450円で売っている文庫カバーと、100均にあった手芸用の織りゴムと、ハガキより少し大きめの厚紙と、両面テープ少々と、マグネットシート少々。
20121201142209_3
織りゴムは閉じた時に↑こんな感じで留めるのに使うだけで無く、読むために折り返した際に裏側で指4本を本体に保持する役目もしてくれて親指がフリーにできて、つらなくなります。

20121201142217_2
マグネットシートは、カバーを閉じた時に画面右下に磁石が来るように取り付けています。
こうすると、カバーの開閉でスイッチが自動で入切できます(磁気センサがフロントライト用LEDの右隅ちかくに入ってます)。
ちなみに磁石の極性はNでもSでも磁気があれば良いです。

このカバー、約50gでできました。 計270gぐらいというと…Zaurus SL-C860が250gでしたから、あのぐらいです。
ちなみに純正のカバーは約160g。 計380gぐらいというと…HP 200LXより少し重いぐらい。ずっとLEでnifty-serveのログを読んでた頃を思い出しますが、LXにはハードキーがありますから平気でした。

そういえば、Paperwhiteは充電一発で2ヶ月もつ、という謳い文句のところ…10日で半分以下になってます。
電池の活性化がまだできてないだけなら良いのですが〜!
(PRS-G1は、ほんとに1ヶ月もちました。えらいもんです。)

パドラッパ from MacBook Air

【2013/01/09追記】
読書時は機内モードON(電波OFF)、コンテンツのダウンロード時のみ機内モードOFFにしてみたところ、バッテリーが4週間もちました。すなわち、PRS-G1と同じ使い方をしたら同じくらいの電池もちでした。これなら、実質的に電池のことは気にしないで運用できます。
でも電波OFFだと面白くないので、電池減り覚悟で電波ONで使おうと思います。
ファームアップデートで、カタログ通りに改善されたら良いのですけれど、さて、そこまでフィードバックが掛かるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/30

Androidな電子辞書、SII DF-X9000

前々からエンジニアの電子辞書はSIIが最高、いつかはSIIと心に決めつつ、なかなか踏ん切りが付かずにいたのですが、文市さんがDF-X9000で遊んでいる記事に背中を押されて、さくっと購入しました。
これがまた、予想以上に良い出来で、ちょっと感動しています。

DAYFILER(デイファイラー)と名付けられたシリーズは、英語メインのDF-X8000とエンジニア向けのDF-X9000の2機種です。Androidベースにすることで、ネットワーク機能やユーザーインターフェースの洗練化がはかられています(おそらく、プラットフォームのガラパゴス化からも脱していると思います)。DF-X9000には理化学辞典が搭載されている他、OALD8など英論文読みに必携の辞書満載で、仕事に役立ちそうです。ただ、日本語系があまり強くない傾向があります(これは、三大英英辞典搭載という強力な武器と引き替えに、DF-X8000も同様)。

ところが、ユーザーアプリがインストールできるおかげで、この弱点はあっさりと克服。かれこれ9年前からお世話になっているEBpocketで、HP 100/200LX以来連綿と使い続けている辞書(日本語大辞典とか広辞苑とか新明解国語辞典とか)を引き継ぐことができました(って、LXのEBRもまだまだ現役ですけど)。
Ebpocket_on_dayfiler

ただ、DAYFILERは元々Android端末としての使い勝手を狙ったものでは無いので、ホーム画面(ランチャー)起動手順が面倒です。しかしここで、Androidのメリットであるシステム系アプリの充実が生きました。Notification Launcherという通知領域にアプリアイコンを置けるランチャーを使うことで、電子辞書画面から1スワイプ1タッチでEBPocketが起動できるようになりました。

アプリのインストール方法は、アプリのパッケージファイル(APKファイル)を内部ストレージまたはmicroSDにコピーして、それをファイラーから起動すればOKです。APKファイルの入手・作成方法は色々ありますが、私はXperia SX上のExtractApksで作成し、これをmicroSDにコピーして始めました(環境ができた後は、ESファイルエクスプローラーを使い、NAS経由でコピー)。

さて、その他ついで?にインストールしてみたアプリを列挙しておきます(後日追記するかも)。

動作OKだったもの:
Amazon Kindle / MyScript Calculator / EBPocket (professional) / ESファイルエクスプローラー / Evernote / Meridianメディアプレーヤー / NicoRo Tri-α(但しffmpeg再生) / Notification Launcher / RpnCalc / Skitch / Sudoku Plus / はてなブックマーク / マップ(但し位置情報取れず)

問題あり、諦めたもの:
Adobe Flash Player 11.1(動作が確認できず) / ARecX6 App(インストール不可) / ARecX6 Play (再生不安定) / google play (起動せず) / RealCalc (ランドスケープにできず、画面横倒し。なお、有償のPlusはライセンスエラー。) / SketchBook (ランドスケープにできず) / YouTube (ログイン不可。再生できず。) / くらしのこよみ(ランドスケープにできず)

電子辞書でEvernote+Skitchが使えるのは新しい感じがしました。まぁ、電子辞書だと思う頭が古いのでしょう。
Kindleアプリではページめくりをハードキー(カーソル)でできるのがありがたいです。PaperWhiteのタッチのみにも慣れてきましたが、やっぱりSony Readerのハードキーが良かったなぁと、しみじみ思います。

話を戻して、DAYFILERの本来の辞書機能ですが、すごくよくできてます。検索はさっくさくですし、UIも字の大きさや枠の位置など好みに応じて変えられて、さすがは堅実なSIIだと関心しきり。
ただ、360gはちょっと重い。一般的な電子辞書なみの200gぐらいになれば良いですね。

パドラッパ from MacBook Air 11inch (Mid 2011)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/06

Arduinoで動く工作をして遊んでます

友達がArduinoで楽しんでるのを見かけることが2011年頃から多くなって、自分も手を出したのが2012年の2月。それから1年と少し、ご多分に漏れずLチカで懐かしい気分を味わうところにはじまって、各種センサの味見をしたりしてきました。
私の中では、ラジオ・オーディオから無線・デジタル通信とハードをガリガリいじって来た系譜と、PCで「高級な」言語でプログラムして来た&アプリを使うだけだった系譜とが分かれていて、その間をつなぐマイコン・組込系は未知だったので、とっても新鮮で楽しんでます。

子どもの小学校の工作教材をArduinoで制御してみた上で、やっぱり色々するには土台から作ろうと思い立ち、タミヤさんの「楽しい工作シリーズ」に目を付けて、こんなのを作りました。
Tank

ベースにしたのはタンク工作基本セットで、左右転回するためにギアをダブルギアボックスに交換。シャーシは、モーターやシャフト類の付く台車と制御系とを2階建てにしようと思って ユニバーサルプレート(2枚セット)を採用。
ギアボックスの箱を空けると、ランナーに数種類のギアやボックスがついたバラバラの状態で、実は半組立状態を想像していたので、思わず興奮してしまいました。

Arduinoはインチ系でユニバーサルプレートは5mmピッチなので、そのままではまっすぐ付かないとかありますけれど… それはそれとして(^^;

制御系の方は、メインが基本のArduino UNOで、モーターの駆動はモーターシールドを使いました。制御状態のモニターにLCDシールドを付けて、障害物の検知にシャープの赤外線距離センサ(PSD)を使う、という構成になりました。
(制御系のリンク先はスイッチサイエンスさんです。アフィではありません。)

うまく見えるかどうか分かりませんが、一応ムービーファイルも置いておきます。
tank5.m4v

また、スケッチも置いておきます。拡張子はArduino標準のinoになってますが、中身は単なるテキストファイルです。
Tank_test05_SenseAndTurn.ino

さて、次は何しようかな!

パドラッパ from MacBook Air 11inch (Mid 2011)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/16

静岡・東海軒の茶めし弁当

東京出張に向かうところです。
時間の余裕があるので静岡駅に止まるひかりに乗って、駅弁を頂きました。
20130516115256.JPG
緑茶で炊いた香りの良いご飯に、バラエティに富んだおかずが美味しかったです。ゼリーみたいに見えるのはわさび漬けのパックです。
茶めしに添えられた茶葉も食べました。
ごちそうさまでした!

パドラッパ from Xperia SX

ps. 富士山は厚い雲の中でした



| | コメント (0)

2013/06/14

KG's Deliのジャークチキン弁当ほか

今日は日帰り東京出張でした。
梅雨真っ盛り&台風(ヤギさん)のダブルでどうなることかと思いましたが、結果的に薄日もさして気温は大して上がらず(蒸しましたけど)、酷いことにはなりませんでした。

昨日東京駅大丸地下食料品売り場でランディ・バースを見た、サインもらった…の証言多数あった新しいお店のお弁当を試してみました。ちょっと少な目に見えたので、+サンドイッチで、こんな感じの夕食です。

20130614192445.JPG
左と中:KG's Deliのジャークチキン弁当、スパイシーなチキンとラタトゥイユとバターライス
右:サンドイッチ・メルヘンの青じそサラダ

弁当の方、思いのほか濃かった!そんで、アメリカンな味付け。若者向けでしたね(^^;
結果として、青じそサラダサンドイッチで、量も後味も整いました。
ごちそうさまでした!

まもなく名古屋です。まだ目は冴えてるので、本読みしながらぼちぼち帰ります。

あ、あとで右のTwitterウィジェット直さねば。
(一昨日終了したAPI v1.0のを、まだ置いてるので…)

パドラッパ from Xperia SX(写真はDMC-FX90)



| | コメント (1)

2013/06/15

備忘録(Twitterウィジェット、画像幅)

2013/06/12にTwitter API v1.0のサービスが本格的に終了したようなので、旧APIを使っていたウィジェットを削除し、V1.1のウィジェットだけにしました。
デザインは前の方が好きだったのですが〜
また、新しいウィジェットの方がレスポンスが悪いような気がします…(悲)

Androidからの投稿アプリでimage fullの設定が無く固定値なので、ちょうどになる横幅を確認しました。いまのデザインだとメインペインの横幅は379ピクセルみたいで、投稿時の幅指定は比率無視で380にして、クリックすると原寸表示するようにします。
たいてい、原寸はVGA(640x480)です。

パドラッパ from MacBookAir(Mid2011, 11inch)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/05

秋の富士山が見えました

本日朝から東京出張。ここのところ、ほぼ隔月の定例とたまに突発的な会議が入るのの、今日は後者です。
久しぶりに見えた富士山は、ピークに雪が細く被っていて、冬の訪れを感じます。
20141105082536.JPG

パドラッパ from Xperia SX + みおふぉん



| | コメント (0)

«備忘録(Twitterウィジェット、画像幅)